2016年 10月

9月10日(土)午後5時より、平成28年度の学術講演会を行いました。

本会学術講演では、昨年より、「基本的治療の再考」というテーマを掲げて講演を行い、本年度も昨年に引き続き、日常臨床の中で欠かせない治療である外科的処置について、福岡歯科大学口腔・顎顔面外科臨床教授の住吉周平先生をお招きし外科処置の中でも特に頻繁に行われているであります「抜歯の勘どころ」についてご講演戴きました。

講演の中で抜歯は、日常臨床の中で頻繁に行われている処置であり、歯周病に罹患した歯牙の抜歯から、埋伏歯の抜歯まで様々あり、一口に抜歯といえども、難易度は様々であるが、まずは外科の基本は直視直逹であり、基本事項を守ることによって、スムーズな抜歯が行えると教えていただきました。

また講師の先生は日常臨床を行う一方で、大学では臨床教授として後進指導に従事されており、培われた専門的技術を分かりやすく解説いただきました。特に、講演の中に、クイズなどを出され、聴講している我々も一体化し充実した講演会でした。

また、懇親会でも、多くの先生方から抜歯について再確認でき、自分の行われてきた難症例の抜歯の話に花を咲かせて、楽しいお酒が進み、夜が更けていきました。

 

kaikan
一般社団法人直方歯科医師会
〒822-0034
直方市大字山部字浦山759の1
電話 0949-22-2408
FAX 0949-22-2409
専用駐車場があります
banner21 logonogata1   鞍手町 小竹町 fotter_logo   福岡県歯科医師会