筑豊口腔保健センター

このエントリーをはてなブックマークに追加

筑豊口腔保健センターは、昭和59年6月30日に開設されました。開設当時は障がい者歯科という言葉が現在ほどポピュラーではなく、障がい者歯科学講座を持つ大学は全国でも2校だけしかありませんでした。以来、三十年近く、障がい者の治療を続け、来院延べ患者数も2500人を越え、平成6年には厚生大臣表彰を受賞することができました。

現在、九州歯科大学附属病院あんしん科や田川市立病院歯科・口腔外科の専門医が、直方歯科医師会の歯科医師とチームを組んで、障害者(児)、有病者の歯科治療を行っております。

車椅子スロープや身障者用トイレなども設置され、安心して受診できる設備が整っています。

診療日 毎週土曜日
 診療時間 午後1時30分から午後5時
 受付 治療には予約が必要です。
直方歯科医師会事務局(0949-22-2408)
までお問い合わせ下さい。
 歯科医師 歯科麻酔認定医と本会会員の輪番制
 スタッフ歯科衛生士、歯科助手
 主な診療機材・治療椅子2台
・パノラマレントゲン撮影装置1台
・デンタルレントゲン撮影装置1台
・その他、超音波スケーラー、救急薬品等1式
 患者さんの障がいの種類・知的能力障害、自閉スペクトラム症、ダウン症候群、脳性麻痺など、様々な障碍がある方
・介助を必要とする身体障碍のある方、一般の歯科医院で治療が困難な方
その他、全身疾患がある方など、幅広く対応しております。
 治療内容 歯科、歯科口腔外科、小児歯科